RealPath:
WebPath:
2017/04/27 01:18 (JST) 更新
リカバリ関連 >>

chkdskメモ

Contents

コマンドラインオプション

dos
> chkdsk  /?
Checks a disk and displays a status report.


CHKDSK [volume[[path]filename]]] [/F] [/V] [/R] [/X] [/I] [/C] [/L[:size]] [/B] [/scan] [/spotfix]


  volume              Specifies the drive letter (followed by a colon),
                      mount point, or volume name.
  filename            FAT/FAT32 only: Specifies the files to check for
                      fragmentation.
  /F                  Fixes errors on the disk.
  /V                  On FAT/FAT32: Displays the full path and name of every
                      file on the disk.
                      On NTFS: Displays cleanup messages if any.
  /R                  Locates bad sectors and recovers readable information
                      (implies /F, when /scan not specified).
  /L:size             NTFS only:  Changes the log file size to the specified
                      number of kilobytes.  If size is not specified, displays
                      current size.
  /X                  Forces the volume to dismount first if necessary.
                      All opened handles to the volume would then be invalid
                      (implies /F).
  /I                  NTFS only: Performs a less vigorous check of index
                      entries.
  /C                  NTFS only: Skips checking of cycles within the folder
                      structure.
  /B                  NTFS only: Re-evaluates bad clusters on the volume
                      (implies /R)
  /scan               NTFS only: Runs a online scan on the volume
  /forceofflinefix    NTFS only: (Must be used with "/scan")
                      Bypass all online repair; all defects found
                      are queued for offline repair (i.e. "chkdsk /spotfix").
  /perf               NTFS only: (Must be used with "/scan")
                      Uses more system resources to complete a scan as fast as
                      possible. This may have a negative performance impact on
                      other tasks running on the system.
  /spotfix            NTFS only: Runs spot fixing on the volume
  /sdcleanup          NTFS only: Garbage collect unneeded security descriptor
                      data (implies /F).
  /offlinescanandfix  Runs an offline scan and fix on the volume.
  /freeorphanedchains FAT/FAT32/exFAT only: Frees any orphaned cluster chains
                      instead of recovering their contents.
  /markclean          FAT/FAT32/exFAT only: Marks the volume clean if no
                      corruption was detected, even if /F was not specified.

The /I or /C switch reduces the amount of time required to run Chkdsk by
skipping certain checks of the volume.
dos
> chkdsk  /?
ディスクをチェックし、現在の状態を表示します。


CHKDSK [ボリューム[[パス]ファイル名]]] [/F] [/V] [/R] [/X] [/I] [/C] [/L[:サイズ]] [/B]


  ボリューム      ドライブ文字 (文字の後にはコロンを付ける)、マウントポイント、
                  ボリューム名を指定します。
  ファイル名      FAT/FAT32 のみ: 断片化をチェックするファイルを指定します。
  /F              ★ディスクのエラーを修復します。
  /V              FAT/FAT32: ディスクの全ファイルの完全なパスと名前を表示
                  します。
                  NTFS: クリーンアップ メッセージがあればそれも表示します。
  /R              ★不良セクターを見つけて、読み取り可能な情報を回復します (/F も
                  暗黙的に指定されます)。
  /L:サイズ       NTFS のみ: 指定されたキロバイト数にログ ファイル サイズを
                  変更します。サイズが指定されていないときは、現在のサイズを
                  表示します。
  /X              必要であれば、最初にボリュームを強制的にマウント解除します。
                  ボリュームに対して開かれているすべてのハンドルは、無効になり
                  ます (/F も暗黙的に指定されます)。
  /I              NTFS のみ: インデックス エントリのチェックを抑制して実行しま
                  す。
  /C              NTFS のみ: フォルダー構造内の周期的なチェックをスキップ
                  します。
  /B              NTFS のみ: ボリューム上の不良クラスターを再評価します (/R も
                  暗黙的に指定されます)。

/I または /C スイッチは、ボリュームの特定のチェックをスキップして、Chkdsk の
実行時間を短縮します。

レジストリ周り

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager
BootExecute = autocheck autochk /k:C *
↓
BootExecute = autocheck autochk *

Cドライブのchkdskがキャンセルされてしまう(除外されてしまう?)場合。

試してみたけど変わらず。(X1 Carbon にて)

オプション

/P \??\Volume: | ボリュームに対する無条件 Chkdsk をスケジュールします
/p \??\VOLUME{GUID} | ボリューム マウント ポイントに対する無条件 Chkdsk を
| スケジュールします。
/k:Volume * | 指定されたボリュームに対して Chkdsk を実行しません。

ログ

check system logs.
( right click my computer > manage > event logs )

ダーティビット

起動時に毎回chkdsk(チェックディスク)が勝手に実行されるのを止める | 8倍速対応

chkdsk c: /f
↓
再起動
↓
chkdsk c:

これで「C: は正常です」と表示されたなら成功。

修正パッチ

  • サポート技術情報番号 : 975778
  • 言語 : All (Global)
  • プラットフォーム : x64
---------------------------
Windows Update スタンドアロン インストーラー
---------------------------
この更新プログラムはお使いのコンピューターには適用できません。
---------------------------
OK
---------------------------

Windows 7 Home Premium (64bit) (X1 Carbon) で実行してみたけど、上記エラーでダメだった。

自動的にchkdskがキャンセルされる問題「Disk checking has been cancelled」

Hi,

Let's try the following:

Start > Search > cmd (right click run as admin)

Type the following and press enter:

fsutil dirty query c:

This tells you if the disk is dirty or not. If it is dirty, type the following:

chkntfs /x c:

hit enter

chkdsk c: /r

hit enter

Then 'Y' when it asks to reboot.

※試してみたけど解決せず。

How safe is it to run CHKDSK on an SSD

run chkdsk using Windows 7 installation disc

I cannot run chkdsk on my Lenovo with Windows 7 Ultimate 32bit. - Microsoft Community

Also you can run chkdsk using Windows 7 installation disc.

1. Place the windows 7 installation DVD into the DVD drive and restart the computer.

2. Boot from the DVD into the System Recovery Options screen.

3. Select Command prompt.

4. In the command prompt, type chkdsk.

You can also run chkdsk from the registry. Follow these steps:

1. Open the Start Menu.

2. In the white line (Start Search) area, type regedit and press Enter.

3. Click on the Continue button in the UAC prompt.

4. In regedit, go to: (See screenshot below step 5)

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager

5. In the right pane, right click on BootExecute and click on Modify.

6. Highlight the code below, then right click on it and click on Copy.

NOTE: If the hard drive you want to run chkdsk on has a different driver letter than C: , then substitute C: with your drive letter instead.

autocheck autochk /p \??\C:

autocheck autochk *

7. Clear the box, then right click on a empty area in the box and click on Paste to copy the code above into it.

8. Click on OK.

9. Close regedit.

10. Restart the computer to run chkdsk at startup.

If this doesn’t work, then I suggest you to do a repair installation of Windows 7.

links

I cannot run chkdsk on my Lenovo with Windows 7 Ultimate 32bit. - Microsoft Community

sfc

システム ファイル チェッカー ツールを使用して不足または破損しているシステム ファイルを修復する

C:\Windows\system32>sfc /scannow

システム スキャンを開始しています。これにはしばらく時間がかかります。

システム スキャンの検証フェーズを開始しています。
検証 100% が完了しました。

Windows リソース保護は、整合性違反を検出しませんでした。

chkntfs

ブート時にドライブを検査するようにスケジュールする。

chkntfs /C C:

オプション

C:\Windows\system32>chkntfs /?
CHKNTFS ボリューム [...]
CHKNTFS /D
CHKNTFS /T[:時間]
CHKNTFS /X ボリューム [...]
CHKNTFS /C ボリューム [...]

  ボリューム  ドライブ文字 (文字の後にはコロンを付ける)、マウント
               ポイント、ボリューム名を指定します。
  /D          コンピューターを既定の動作に戻します。
              起動時にすべてのドライブを検査し、エラーがあったドライブに
              対して CHKDSK を実行します。
  /T:時間     指定された時間を秒に変換して、AUTOCHK を開始するカウント
              ダウン時間へ設定します。
              時間が指定されていなければ、現在の設定を表示します。
  /X          ドライブを既定の起動時の検査から除外します。
              除外するドライブは、このコマンドを実行するたびに指定する
              必要があります。
  /C          ブート時にドライブを検査するようにスケジュールします。
              ドライブにエラーがある場合、chkdsk が起動されます。

スイッチが指定されていない場合は、CHKNTFS は指定されたドライブに
エラーがあるかどうか、次回の再起動で確認を行うようスケジュールされて
いるかどうかを表示します。

実験

> chkntfs /T:20

> chkntfs /T
AUTOCHK を開始するカウントダウン時間は 20 秒に設定されました。

> chkntfs /C C: